やっとかめのて

○クジメ、2/tobanjan

亀の手です。

本日の倶楽部例会、
今回はアイナメ狙いが◎でしょう、と表浜で釣りをしました。

候補地は、越戸・土田境・和地・川尻・小塩津一色などなど。
早朝は「渥美半島シーバスパーティー」の皆さんにお邪魔になるからと日の出を待って、
候補地のなか駐車スペースからタックルを一番楽チンに搬入できる?小塩津一色海岸 に入りました。
東にアングラーさんが居られたので西へ。

おや?美味しそうな「亀の手」を発見。
表浜出身の山ノ神に携帯、手のひらくらいで良いから獲ってきてね。
ハイな、と狩猟の準備。岩を乗り越えて降り注ぐ潮対策用に合羽を着て、魚をシメるナイフを取り出し、ん?長靴を忘れちゃった。

*

山ノ神に約束してしまった手前、
なんとか潮がかぶらない岩に居らんかねえとあちこち「亀の手」を探しまわったけれど、居らんがねえ( 汗;)

こりゃ、何としてもオカズを釣って帰らねば。

「亀の手」を探していたらヨサゲなポイントがあったので、よいしょよいしょとタックルを移動して釣り座の準備。
なんと、三脚(竿立て)の脚が一本伸ばせない、ちゅうか抜けてしまいました。
ロッドケースに入っていた獏釣さんから頂戴したYAMAHAのスキーストック改の竿立てで釣行開始。

なんとまあ、竿一本でアイナメ狙いとあいなりました。

沖合いで漁船が何十艘も走っていきます。
何獲ってきたのやろ?
漁船のソレでしょう、ときおりでっかい波が襲ってきます。
そんな波とジャレながらシモリを避けて、まず一匹、かわいいクジメが釣れました。

今期初のクジメです。

少々強めの風が右サイドから吹いています。

も少し左、シモリに近づけて、仕掛けをロストしました。
さらに左、シモリに近づけて、先ほどより型の良いクジメが釣れました。

同じところに投げるつもりだったのですが、チョコっとだけ飛びすぎました。
案の定、仕掛けをロストしました。

こんなことならダイレクトに狙いの本命シモリ際のポイントに放り込むのでしたか。

アイナメは夜釣りに限りますか。

仕掛けを二つロストしたら納竿。私の決め事ですので撤収です。実釣一時間ほど。
検量タイムまでの余す時間、たっぷりカメラ小僧とシャレ込みました。

検量タイム間近、気合を入れなおしてる部長と横ちゃんです。