2011年8月11日

by だっぺさん /2011年08月11日 00時20分

本日、実家へのお土産を確保すべく、渥美へ釣行しました。

どこから入ろうか迷った挙句、まずは新井。
曇りのち晴れ、波少々、5色?くらいまで薄濁り。
平日のためか漁船が多いが、流石に近くまでは来ない。
2~4色でゼンメ、5色でヘダイのアタリはあるが、キスは・・・
5:30~7:30、13cmが1匹。

続いて、まずはお土産確保と若見へ。
いつものポイントは貝?取りの人が。
砂が大量に流れ去り、苦労して階段を下りて西へ・・・(これが不幸の始まり)。
弱い南風が吹く中で遠投して、ゼンメをかわしながらポツポツ拾う。
やや小ぶりを2時間ほどで10匹程度。
東へ移動し、いつものポイントへ。
調度上げ潮に変わったせいか、良型混じりで連掛け。
しかし、時機にゼンメが多くなり、意を決して移動。
8:00~11:00、12~20cm、16匹。

続いて小塩津。
準備完了したところでSタケさんよりTEL。
谷ノ口にいたが貧釣だったとか。
こちらの状況も伝え、第1投・・・バキッ!!!
#2の先端15cmほどのところが折れた(T_T)/~~~
どうやら、若見の階段を登る時竿を落としてしまい、傷が入っていた様子・・・リールが無事だったとホッとしていたのにorz
予備の竿で再開するが、遠投が出来ず、集中力も欠く上にゼンメ・ツバメノコノシロ・ミニグチしか釣れない。
たまたま13cmが1匹釣れただけ。
12:00~13:00。
それにしても、SタケさんとのTELの直後とは・・・何と言う縁か!

もう帰ろうかと思い、その前になないちさんのところへ。
釣果を話すと、「竿貸すから西ノ浜行ってみれば?」と。
折角なんで行ってみましょう(^^ゞ

で、火力発電所前。
7色で釣れるとの話だったが、思惑と違う左からのやや強い横風と慣れない竿のせいか、なかなか7色まで飛ばない。
6色以内では2匹。
どうにか7色目が少し出るようになると連掛け、しかし小さ目。
その内エサ切れ(35匹持参)、時間切れ。
14:00~15:30、12~16cm、6匹。

もの凄い暑さで我慢大会しながらの結果、貧釣&竿の破損・・・
心も折れるワイ(T_T)