2011年12月12日

悪夢再び・・・

by だっぺさん /2011年12月12日 22時50分

何やら高松一色で釣れているらしい・・・との事で、ダメなら若見へのつもりで、昨日釣行してきました。
8時前に現地へ着くと、結構な人。
ルアーマンも多いが、投げ師も多数。
ちょっと見学しているとポツリ・・・と上がっている。思ったほどではないが、釣れているようなので空いているところで延竿。

晴れ、北西のやや強い風、波無し、濁りなし。
1投目、軽く4色へ。
期待せずさびいていると、3色でアタリ・・・中型単。
近くでもいるな・・・と思いつつ、次から遠投。
6色を中心に、5色、7色でも釣れる。
1度4連も。
型は中・良型ばかりで小型はいない。
しかし、開始1時間ほどでアタリがなくなる。

潮止まり近くでツ抜けしたので若見に行こうか考えていると、
塾長さん登場。 どうやら若見は釣れていないとの情報をいただいたので、もう少し粘ることに。
タマに3連などもあったが、ポツリポツリが続く。
隣の人は、近投で4連とかあげていたが、どうも一過性で、とにかく遠投してひたすら近くまでサビク状態が続く。
東の方への移動も考えたが、なかなか踏ん切りがつかないまま結構時間が経ってしまったので、最後まで居座ることに。
そして15時チョイ前、これが最後の一投とばかり、遠投を試みる。

(初動良し)
(錘の乗り、なかなか)
(後は出来るだけ上を向いて・・・)
(最後に最大加速!)
「バキッ!!!」
「えっ???」

釣行7回目にして、#1が根本からポッキリ。
そのまま太平洋に向かってサヨウナラ~(T_T)/~~~
もう、ひらすら唖然orz
放心状態で納竿。
8時~15時、14~23cm、22匹。
帰って竿を見たら、なぜか尻栓までなくなっていた・・・(?_?)

この時期の釣果としてはそれほど悪くないが、代償が大き過ぎ(T_T)
年に2本も竿を折るなんて、厄年だー!
もう一回くらいは若見に行きたかったが、武器が無くなってしまった・・・

塾長さん、いろいろ気を使ってもらって、ありがとうございました。